体脂肪を減らすちょっとしたコツ

『3体脂肪を減らすコツ』

 

『体脂肪を減らすちょっとしたコツ』

 

体脂肪を減らすには、ただ闇雲(やみくも)に食事量を減らせばいいのではありません。それどころが、逆に体脂肪を増やす結果になってしまうこともあります。

 

というのは、体は「食事の量が十分ではない」と判断すると、入ってきた栄養をできる限りため込もうとするからです。

 

食事の時間が一定でなくなるのも、同じ結果につながります。体が「次は何時になるか分からないから、今ある分はできるだけ残す」と考えるからです。

 

また、自分に必要なエネルギー量を正確に把握しておきましょう。これを超えた分が体脂肪になるからです。

 

栄養バランスにも目を配る必要があります。いったん取り込んだ体脂肪を消費しやすくするために、特に必要な栄養素があります。たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。食事量を控えめにするといっても、これらの必要量は確保しましょう。

 

運動も心がける必要があります。特に体脂肪対策として有効なのは有酸素運動です。

 

代表的なのはウオーキングです。が、通勤手段をバスや電車から自転車に変えてみたり、帰宅時に一駅前で降りて歩いてみる、エレベーターを使わず階段にする……といった日常生活の場にも有酸素運動の手段はいくらでもあります。

 

有酸素運動には即効性はありません。毎日最低でも20分は行うことが必要です。だからこそ、自分の体調や運動能力に合っていて、かつ身近な方法を選ぶことが大切になってきます。

 

また、ストレスをため込まない、夜更かしや徹夜を避け、十分な睡眠時間を確保する……といった正しい生活習慣も、体脂肪対策には欠かせません。

外的要因で起こる口臭とは

体の中に何か異常がある場合や、口の中の状態によるもの、また外的要因によっても口臭が発生することがあります。
食べた後に何か大切な予定がある場合、外的要因を減らすことで口臭予防にもつながります。食べ物の内容を注意したり、飲みすぎないようにするだけで口臭予防が出来るのです。

 

口臭が起こる外的要因とは?

 

1、タバコ
タバコを吸うとどうしても、口臭が発生しやすくなります。なぜなら、口の中の粘膜が乾いてしまい、口内環境が悪くなってしまうからです。結果として口臭へと繋がってしまいます。
口臭の原因となるタールやニコチンがタバコに含まれているため、タバコを吸うだけで口臭がきつくなってしまうのです。
口臭だけでなく、体臭もタバコの臭いがついてしまうため、喫煙していない人にとっては、タバコを吸う人のそばにも近寄りたくないという人もいるかもしれません。口臭だけでなく、体の健康も損なってしまいますので、タバコは出来るだけ減らしていきましょう。百害合っても一利なしという言葉もあるように、タバコは健康を損なう物質です。口臭が気になる人は止める努力から始めてみましょう。

 

2、刺激がつよい食べ物

 

焼肉など大好きな人がいますが、にんにくやニラ、ネギには口臭の原因となる物質が含まれています。これらの刺激が強い食べ物は翌日、翌々日まで残ってしまうことがあるのです。
いわずと知れたニンニクですが、たくさん食べても少量食べても、口臭が長引く場合があります。次の日に大切な予定がある場合は、ニンニクなどはなるべく控えて、食事の内容を考えましょう。翌日の約束の相手に不快な思いをさせるのはマナー違反ですよ。

更新履歴


このページの先頭へ戻る